ブロッコリーの茎の使い方で超美味しい食べ方を発見したぞー!

■暮らしの話

立派な茎をしたブロッコリーを買ってきたけどいつも茹でて食べるのはモサモサのつぼみの部分だけ…。茎の部分がもったいないなぁ。

 

あなたも、こんな風にに思っていませんか?

 

私も最近ブロッコリーの茎も食べられる事を知って衝撃をうけました。とっても美味しい食べ方を発見したので紹介しますね^_^

ブロッコリーの茎を捨てるのはもったいない!

ちょっと前までの私はブロッコリーの茎って捨てるものだとばかり思っていました。

 

だって、ブロッコリーってモサモサしてるいわゆるつぼみの部分を食べるものでしょ?しいていうなら枝分かれしている部分の茎は食べてましたよ?

 

うめちゃん
うめちゃん

一番太い茎の部分「芯」って

捨てるのが普通だと思ってました。

 

ところがどっこい!

 

姉の家で夕飯の準備を手伝っていたら、ブロッコリーの茎の部分を捨てようとした私に姉からのカツが飛んだのです。

 


おいっ!もったいない!
捨てるなコラッ!

 

っとw

 

ブロッコリーの茎の部分は普通に食べられるというのです。確かにブロッコリーって半分以上が茎のようなもの。98円の安売りで買えたとしても半分以上捨ててると思ったらもったいないですよね。

 

ほら、茎が短いブロッコリーばかり選んで買ってたけどブロッコリーの茎ってこんなに大部分をしめてて捨てるにはもったいないのです。

↑これ、ふるさと納税のお野菜セットに入っていたブロッコリーなんですが、立派なんだけど半分以上が茎でしょ?これで茎を捨てるのは忍びない(^▽^;)

 

しかもブロッコリーの茎には女性にウレシイ栄養素がたーっぷり入っているというのですからこれはもう捨てられないでしょ( *´艸`)

 

ブロッコリーにはビタミンC・ビタミンE・カロテン・鉄分などの沢山のビタミンやミネラルが含まれているのですが葉っぱの部分だけでなく茎の部分にもしっかりその栄養素が含まれているわけです。ここ最近の研究では、抗がん作用が期待される栄養素も含まれているって健康野菜として注目を浴びているブロッコリー様なんですって。

ブロッコリーの茎の使い方

ブロッコリーの茎は、一見硬そうなイメージがありますが下処理をすれば食べることができるのです。野菜で食べれない部分はないなんて話も聞いたことがあるし、確かに大根の皮もごぼうやじゃがいもの皮も食べるしスイカの皮の漬物とかも聞いたことがありますよね。ほうれん草や小松菜や青梗菜だって茎も食べてるわけですし…。

 

そう考えると茎が食べれないわけがないですよね。

 

うめちゃん
うめちゃん

でも、ブロッコリーの茎って硬くて

そのまま食べれなくない?繊維繊維してそう…

 

うんうん。私も最初はそう思ったんです。だってブロッコリーの茎って表面の皮硬いですよね?

 

でも大丈夫なんです。

 

少し厚めにピーラーや包丁で皮をむいて下の部分の硬いところを削ぎ落してしまえば、筋っぽさも全くない感じで食べることができるんですよ(^^)/私の場合は、ブロッコリーの芯を回転させながらザクザク包丁で厚めに皮をむいてこんな感じにしています。

この後、ブロッコリーの茎を何に使うか考えてからカットしていく感じです。みじん切りにしたり薄切りにしたり短冊切りにしたり…ぶつ切りにしたり…。

ブロッコリーの茎のイチオシ超美味しい食べ方

ブロッコリーの茎の部分は普通につぼみと同じように茹でてそのまま食べても甘くて美味しく食べられます♪

 

基本的に私は面倒臭がり屋なので茎も一緒につぼみと茹でてしまってつぼみのブロッコリーの横に添えて一緒にサラダ?として食卓に出している感じですw

 

でも、ブロッコリーって他の食材の味を邪魔しないのでどんなレシピに混ぜ込んでも相性抜群なんですよ( *´艸`)

ブロッコリーの茎でおつまみザーサイ風

私のイチオシのブロッコリーの茎のレシピはおつまみザーサイ風です。旦那さんの晩酌にピッタリなおつまみが手軽に作れちゃいます。

 

まず、下処理したブロッコリーの茎を薄切りにします。

私の包丁さばきが雑だからイマイチわからないかもしれませんがブロコリーの茎の形って輪切りにすると凸凹してますよね?それがまるでザーサイのような形になるんです( *´艸`)

 

あ、ちなみにこの状態は生の状態です。ゆでた状態でももちろんOKですが、私はどうせ炒めるので歯ごたえを残すためにも現時点ではブロッコリーの茎は生のまま使っています。

 

薄切りにしたブロッコリーを油で炒めて、ザーサイの中華風に味付けをしていきます。

 

分量は適当ですが、ごま油で炒めて中華味の素を振りかけてラー油を垂らして完成です♪仕上げにブラックペッパーを振りかければ立派な一品が出来上がりますよ( *´艸`)

 

他にも、細かく切ってコンソメスープに入れたり別の炒め物に混ぜてみたり、クセがない味なので本当になんでもオッケーって感じで使えます。洋風や中華風だけでなく、きんぴらごぼうの味つけて和風にアレンジすることもできますよ。

 

是非是非お試しあれ~

 

コメント